ホーム 東こども園ホーム 小泉こども園ホーム 東-概要&サービス内容 東-年間行事&東こども園の1日 東-情報公開 小泉-概要&サービス内容 小泉-年間行事&小泉こども園の1日 小泉-情報公開 東-お問い合わせ 小泉-お問い合わせ 東-お給食 東-保育日記 東-入園のご案内 小泉-お給食 小泉-入園のご案内 小泉-保育日記 小泉-お知らせ 小泉-おひさまルーム 東ーお知らせ

koizumi

~ 情報公開 ~

<社会福祉法人三ツ矢 東こども園 小泉こども園が提供する福祉サービスに係わる苦情への対応>

苦情の円滑、円満な解決を図るため、第三者委員を設置しています。 社会福祉法第82条の規定により、当法人では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えることといたしました。各園における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めることといたしましたので、お知らせいたします。


東こども園小泉こども園
苦情解決責任者園長 佐藤 美千代園長 和田 忍
苦情受付担当者主幹 柏木 友香主幹 北條 裕美
第三者委員
(連絡先)
菅原 敬子(27-8304)
佐野 たか子(23-5075)
佐野 恒男(66-0376)
安田 佳子(27-2240)
菅原 敬子(27-8304)
佐野 たか子(23-5075)
佐野 恒男(66-0376)


●苦情解決の方法

1.苦情の受付苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることも出来ます。
2.苦情受付の報告・確認 
苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決担当者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。 
3.苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は第三者委員の助言や立会いを求めることができます。 
 ア.第三者委員の立会いによる苦情内容の確認  
 イ.第三者委員による解決案の調整、助言 
 ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認 
4.苦情解決結果の公表
個人情報に関するものを除き、ホームページ等に苦情の申し出内容・解決結果を掲載、公表します。
5.都道府県「運営適正化委員会」の紹介
本法人で解決できない苦情は、静岡県社会福祉協議会《054(653)0840》に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。 


< 苦情・要望・相談について >

~令和3年度 ~

< 2021年10月 ~ 11月 >

  特にありませんでした。

< 2021年 9月 > 

🍀 9月13日(月)  保護者(匿名)より市子ども未来課へ電話があり、その後、園にも保護者(匿名)より電話があった。

【 苦情要望内容 】

新型コロナウイルス感染症の流行により緊急事態宣言が発令され、可能なお家には家庭保育をお願いしていましたが、宣言が延長となり、『期間中ずっと家にいると親子共にストレスがたまり、公園等に行っても同じように家庭保育している子供が多く密になってしまうため、自粛中でも保育してほしい』との申し出がありました。

【 園の対応 】解決日 9月13日(月) 

園でもコロナ対策は行っているので登園に関してはオープンにしており、家庭保育を強要はしておらず、園は常に開園していますので、どの子でも登園できる状況である旨の説明をし、理解を得ました。また、お便りを掲示していましたが、再度、分かるように周知しました。

< 2021年4月 ~ 8月 >

  特にありませんでした。



~令和2年度 ~

< 2020年 5月~2021年 3月 >

  特にありませんでした。

< 2020年 4月 > 

🍀 4月13日(月)  保護者(匿名)より市子ども未来課へ電話にて

【 苦情要望内容 】

コロナウイルス感染症が懸念される中、職員がマスクを着用していない時があり、またランチ ルームでの給食時に園児が多人数で使用しており密集しているため、改善してもらいたい旨の 要望がありました。

【 園の対応 】解決日 4月13日(月) 

職員のマスクについては、即時、保育中は必ず着用するよう周知し徹底しました。また、給食時のランチルーム使用については、コロナウイルス感染症対策としてこの前週4/10(金)より1クラスずつの使用に切り替えて使用するように対処していましたので、その旨の報告と指摘に対しご不安を与えたことのお詫び、今後も真摯に取り組む旨のおたよりを保護者へ配布し、周知しました。


☆彡 平成30年度・平成31年(令和元年)度 は コチラ ☆彡



< 自己評価の公表 >

幼保連携型認定こども園による自己評価は、以下の法令等に基づき各園において実施したものを、毎年公表するものとしています。

●就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律
第23条 幼保連携型認定こども園の設置者は、主務省令で定めるところにより当該幼保連携型認定こども園における教育及び保育並びに子育て支援(以下「教育及び保育等」という。)の状況その他の運営の状況について評価を行い、その結果に基づき幼保連携型認定こども園の運営の改善を図るため必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

●就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律施行規則
第23条 幼保連携型認定こども園の設置者は、当該幼保連携型認定こども園における教育及び保育並びに子育て支援事業(第25条において「教育及び保育等」という。)の状況その他の運営の状況について、自ら評価を行い、その結果を公表するものとする。


本園では、厚生労働省のガイドラインに基づき保育者の自己評価チェックを行っており、その結果を元に園の自己評価を実施しました。保育者が自己評価の取組みを通して、保育の質の向上を図っていくことは園の責務であります。これからもより一層、小泉こども園の保育理念・保育方針・保育内容等を共通理解し、全職員が心を一つにして研鑽にはげみ、保護者の皆様と一緒にお子さんの健全なる成長に関わってまいります。 


🌸 ~ 令和2年度 ~ 園の自己評価 🌸