ホーム 東こども園ホーム 小泉こども園ホーム 東-概要&サービス内容 東-年間行事&東こども園の1日 東-情報公開 小泉-概要&サービス内容 小泉-年間行事&小泉こども園の1日 小泉-情報公開 東-お問い合わせ 小泉-お問い合わせ 東-お給食 東-保育日記 東-入園のご案内 小泉-お給食 小泉-入園のご案内 小泉-保育日記 小泉-お知らせ 小泉-おひさまルーム 東ーお知らせ

小泉こども園

~ わかば のような小さな芽 ~
おうちのように 落ち着くけど、どこか ワクワクする こども園を目指して

自分で感じて、自分で選ぶ
子供の主体的な学びを導き出せる保育・教育を目指します。


小泉こども園は、平成18年度 民営化により社会福祉法人三ツ矢小泉保育園として運営がはじまりました。これまで築き上げてきた小泉保育園の新しいステージとして、これからの時代のニーズに応える保育・教育を提供していくこども園を目指し、令和2年3月11日に新園舎が竣工。

そして、令和2年4月1日より『 幼保連携型認定こども園 社会福祉法人三ツ矢 小泉こども園 』として新たなスタートを切りました。この木のぬくもりと光あふれる空間のなかで、子どもたちと一緒にに”ワクワク”を探していきたいと思います。

<小泉こども園が目指す保育>

1.子どものための保育 2.選択・創造する力を大切にすること 3.みんなで楽しめる保育であること

0歳から5歳は、人間育成の最も重要な時期です。この時期に、一日の大半を過ごす園での生活は、友達や大人との人間関係とともに、その環境や空間が子どもたちに大きな影響を与え、子どもの実体験・原風景となって心に残ります。そんな感受性の高い子どもたちにとって、どのような環境づくりが大切なのかを念頭に、やさしく包まれた家庭的な雰囲気の中で、よく遊び、よく食べ、よく眠ることができる場を提供し、様々な体験を通じて豊かな心と創造力を養い、「生きる力」を持つ子どもたちを育てる保育を目指します。

概要&サービス内容


年間行事&園の1日

情報公開

お問い合わせ


~ 異年齢交流 ~

小泉こども園では、❝ カルガモ保育 ❞ として異年齢交流をしています。異年齢のお友達と触れ合うことで、さまざまな違いを受け入れ、対処する方法を子ども達が考えていきます。


~ 食べること ~

「おいしいね」と「ありがとう」を大切にして、楽しい食を目指していきます。

野菜の収穫やクッキングなどにより”食”に触れ、食べることの大切さ・楽しさを学べるよう日々の保育に取り入れています。

また、パパやママに小泉こども園の給食を体験していただく、❝ 陽だまりランチ ❞ を行なっています。


~ 運動あそびへの取り組み ~

ボールあそびやおいかけっこ、なわとび、鉄棒…日々のあそびの中に組み込まれている運動あそびにより体力やバランス能力を培い身体能力を高め、体を動かすことの楽しさや喜びを育みます。

日々の運動あそび以外にも、外部講師によるダンス&体操教室やフットサル教室などを行なっています。